お得な雑学ブログ

Author: れん

インターネット型の自動車保険と通常の自動車保険との違い

インズウェブ
利用者は800万人以上!自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」。
最短5分で、最大21社の見積もりを一度に取り寄せることができます。

 

車を所有することは経済的に大変です。
駐車場代やガソリン代、
車両税などかかる上に自動車保険も
必要ですので、自動車を所有するだけで
かなりのお金がかかります。

ですので、少しでも削れるところを
削りたいのが私たちの思いです。

自動車保険は見積もり次第では
かなり安くすることができるのですが、
意外と知らない人が多いので、
自動車保険を安くするポイントをまとめました。

1.運転者限定条件を見直す

保険を設定するにあたって運転する人を
制限することで保険金額がかわってきます。

契約時は家族や友人が運転したものの、
実際は自分しか運転していないとう場合などは
変更したほうがよいです。

但し、限定した人以外が運転した場合は
保険金が支払われませんので気をつけてください。

2.走行距離を見直す

年間の走行距離が短い場合、
走行距離の割引がある保険会社を
探したほうが安くなります。

「12000km未満・12000km以上」というような
大きな区分の会社より、「3000km、4000km、5000km」などのように
細かく区分がある会社のほうが安くなるケースがあります。
特に走行距離が短い人は確認してください。

3.年齢条件を見直す

年齢条件は「30歳以上限定」「35歳以上限定」「1歳刻み」
などと保険会社により異なってきます。
30歳以上は10歳刻みといった年齢区分を
設ける保険会社もあります。

自分の年齢にあった年齢区分を設けている
保険会社を選べば、保険料が安くなりますので
こちらもチェックすべきです。

4.無駄な特約を見直す

自動車保険には様々な特約があり、
その中でも他の保険と補償内容が重複することが多い
「弁護士特約」と「日常生活賠償保険」は確認しましょう。

この二つの保険は傷害保険や、火災保険にもオプションで
付いていることが多いためです。
自分の加入している保険を確認するとよいです。

5.毎年必ず見積もる

自動車保険は条件が異なると保険料が違ってきますので、
毎年更新のたびに複数の保険会社の見積もりを取って、
保険料を比較することが大切です。

更新時期が来たら、ネットの一括見積もりなどを使って
他社の保険料を計算するのが良いです。

6.ネットの一括見積りを利用

複数の保険会社に見積もるのは面倒ですが、
それを解決してくれるのがネットの一括見積もりです。

ネットの一括見積もりを使えば
非常に簡単に金額を確認することができます。

・無料で複数の会社に同時に見積り可能
・一回の入力で各保険会社に見積もりが可能
・インターネット割引を行っている保険会社も多い(新規の場合最大1万円割引のケースも)
・申し込みが非常に簡単(見積もり結果から一番安い保険会社を選んでそのまま申し込みが可能)

自動車保険の見積もりは色々ありますが、
おすすめの一括見積もりはこちらです。

いずれも見積りは無料です
保険証券または車検証を用意しておくと
円滑にチェックできます。

 

1.インズウェブ
利用者は800万人以上!
自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」。
最短5分で、最大21社の見積もりを一度に取り寄せることができます。

 

2.保険スクエアbang!
1999年開設してから、多くのお客様に利用されてきた「保険スクエアbang!」
「見積もり結果がすぐわかる」「満期日を知らせてくれる」など、
自動車保険の比較をサポートしてくれる便利な機能が充実しています。

 

 

 

 

引越し見積り費用を安くするポイント

>>引っ越しを安くするならこちらを確認↓ ↓ ↓

引越し見積り金額は、引越し業者により費用が異なります。

同じ荷物の量、移動距離で見積もりを依頼しても引っ越し料金が「A社の見積額は4万円」「B社の見積額は3万円」「C社の見積額は7.5万円」というように、引っ越し料金に2倍以上料金に開きがでる場合もあります。

料金に開きが出てしまう理由としては、引越し見積り料金は統一した金額が定められおらず、引越し業者により料金の算出、設定方法が異なるからです。

それと、その時期により、安かったり、高かったりします。

当然、引っ越しが多い繁盛期は料金がかなり高いです。また仕事が少ない業者であれば、値下げして仕事の契約を取ろうとします。

このような理由から、安い料金で引越しをしたい場合には複数の引越し業者に見積もりの依頼をして料金を比較すれば費用を抑えることが可能です。

>>一括比較の詳細はこちら<<

見積りの依頼方法は、引越し業者に対して電話で連絡をして「旧住所と新居の住所、荷物の量と引越しの希望日」などの情報を伝えます。

電話の所要時間は15分程度で、複数の引越し会社の見積もり料金を集める場合には1社ずつ連絡をしなければなりません。

そうすると見積もりを依頼するだけで合計で1時間以上の時間が必要となり、何度も同じことを依頼する引越し業者に伝えなければなりません。これは時間の無駄に繋がります。

短時間で複数の引越し業者へ見積もりの依頼をしたい場合には「引越し一括見積もり依頼サービス」を利用することで数分程度で見積もりの依頼連絡を終わらせることができます。

>>一括見積もりの詳細はこちら<<

引越し一括見積もり依頼サービスは、インターネットから複数の引越し業者に向けてまとめて見積もりの依頼がネットからできるサービスです。

一括見積もりサービスの利用方法は、旧居・新居の住所と引越し日、運送する荷物などを入力・選択するだけで簡単に依頼ができます。

最大10社の見積りを取り寄せることができるので最安値の引越し業者をカンタンに見つけることができます。

一括見積もりサービスは24時間いつでも無料で単身・家族・オフィス・海外への引越しなどどのような条件の引越しにも対応していますので忙しい人にも適したサービスといえます。

>>引っ越しを安くするならこちら↓  ↓  ↓

>>引っ越しを安くするならこちら↓  ↓  ↓

引っ越しするときは、できるだけ安く引っ越ししたいですよね。
そのポイントは、引っ越し屋さんの費用をできるだけ安くしてもらうことです。

そのためのポイントがいくつかありますので
ぜひ以下をチェックしてみてください!

引っ越し業者から最安値を引き出す
方法は複数の引越し業者に見積もりを
とってもらうことです。

一件一件、引っ越し業者に電話して
見積もり依頼を出すのは時間もかかりますよね。
ですので、引っ越し一括見積もりサイトという
便利なものを使います。
こちらを利用するとおおよその荷物の量をサイト内の
案内に従って入力すれば、自分で選んだ複数の業者に
一括で見積もり依頼を出す事ができます。
これで概算や相場がわかります。

その次の段階は、引っ越し業者に相見積もりをして
もらいながら費用を競ってもらいます。

おそらく依頼を受けた業者から、見積もりに家に
伺いたいという連絡が来ますので、
複数の引越業者を一度に来てもらいです。

一度に、というところがポイントで
複数の業者に同じ時間帯にきてもらい
業者同時を鉢合わせにします。

そうすることで相見積もりになり
自然と値段を競い合って下げてくれます。
しかも一度に見積もりがとれて、こちらの時間も
節約することができます。

一社だけだと足下を見られることがありますので
できれば3社ぐらいから見積もりをとりたいところですね。
間違えても一社だけとかはやめておいてください。

足下みられますから。参考まで。

>>引っ越しを安くするならこちら↓  ↓  ↓

Copyright © 2018 お得な雑学ブログ

Theme by Anders NorenUp ↑