インズウェブ
利用者は800万人以上!自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」。
最短5分で、最大21社の見積もりを一度に取り寄せることができます。

 

車を所有することは経済的に大変です。
駐車場代やガソリン代、
車両税などかかる上に自動車保険も
必要ですので、自動車を所有するだけで
かなりのお金がかかります。

ですので、少しでも削れるところを
削りたいのが私たちの思いです。

自動車保険は見積もり次第では
かなり安くすることができるのですが、
意外と知らない人が多いので、
自動車保険を安くするポイントをまとめました。

1.運転者限定条件を見直す

保険を設定するにあたって運転する人を
制限することで保険金額がかわってきます。

契約時は家族や友人が運転したものの、
実際は自分しか運転していないとう場合などは
変更したほうがよいです。

但し、限定した人以外が運転した場合は
保険金が支払われませんので気をつけてください。

2.走行距離を見直す

年間の走行距離が短い場合、
走行距離の割引がある保険会社を
探したほうが安くなります。

「12000km未満・12000km以上」というような
大きな区分の会社より、「3000km、4000km、5000km」などのように
細かく区分がある会社のほうが安くなるケースがあります。
特に走行距離が短い人は確認してください。

3.年齢条件を見直す

年齢条件は「30歳以上限定」「35歳以上限定」「1歳刻み」
などと保険会社により異なってきます。
30歳以上は10歳刻みといった年齢区分を
設ける保険会社もあります。

自分の年齢にあった年齢区分を設けている
保険会社を選べば、保険料が安くなりますので
こちらもチェックすべきです。

4.無駄な特約を見直す

自動車保険には様々な特約があり、
その中でも他の保険と補償内容が重複することが多い
「弁護士特約」と「日常生活賠償保険」は確認しましょう。

この二つの保険は傷害保険や、火災保険にもオプションで
付いていることが多いためです。
自分の加入している保険を確認するとよいです。

5.毎年必ず見積もる

自動車保険は条件が異なると保険料が違ってきますので、
毎年更新のたびに複数の保険会社の見積もりを取って、
保険料を比較することが大切です。

更新時期が来たら、ネットの一括見積もりなどを使って
他社の保険料を計算するのが良いです。

6.ネットの一括見積りを利用

複数の保険会社に見積もるのは面倒ですが、
それを解決してくれるのがネットの一括見積もりです。

ネットの一括見積もりを使えば
非常に簡単に金額を確認することができます。

・無料で複数の会社に同時に見積り可能
・一回の入力で各保険会社に見積もりが可能
・インターネット割引を行っている保険会社も多い(新規の場合最大1万円割引のケースも)
・申し込みが非常に簡単(見積もり結果から一番安い保険会社を選んでそのまま申し込みが可能)

自動車保険の見積もりは色々ありますが、
おすすめの一括見積もりはこちらです。

いずれも見積りは無料です
保険証券または車検証を用意しておくと
円滑にチェックできます。

 

1.インズウェブ
利用者は800万人以上!
自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」。
最短5分で、最大21社の見積もりを一度に取り寄せることができます。

 

2.保険スクエアbang!
1999年開設してから、多くのお客様に利用されてきた「保険スクエアbang!」
「見積もり結果がすぐわかる」「満期日を知らせてくれる」など、
自動車保険の比較をサポートしてくれる便利な機能が充実しています。